スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hulu😍

映画、アニメ、ドラマがみほうだい🤓

スポンサーサイト

「ガンプラ♪」

知人のKさんと話をしていたときのことです。

「竹さん、実は最近ハマっていることがあるんですよ。」

「え?何?また新しいクルマ欲しくなったん?(笑)」

Kさんは大のクルマ好きなので、しょっちゅうクルマを変えています。

今回もそういった類の話かなと思っていたら・・・

「違いますよ。プラモデルです、プラモデル」

何と今、プラモデルに夢中だとのこと。やっぱり自動車のプラモデルかな?と聞くと、

「ガンプラですよ。ガンプラ」

ガンプラ?最初なんのことかわからなかったのですが、

ガンダムのプラモデルのことなんですね。

私は、アニメを見ていないのでガンダムに関してはまったく知らないため、

全然わからないのですが、Kさんは10代のころリアルタイムでアニメも見ていて、

ガンプラもよく作っていたと言っていました。(Kさんは40代後半です)

社会人になってから、プラモデルを作ることはなくなっていたそうなのですが、

先日たまたま近所のお店でみかけて、懐かしくなって買ってみたんだそうです。


「でね竹さん、最近のガンプラってほんとすごいんですよ。ウワサには聞い
ていたんですけれど、買ってみてビックリしました」


Kさんは私にそのビックリした内容を教えてくれました。


まずは、接着剤が要らない。

私たちの常識からいくと、「プラモと言えばセメダイン」というくらい、

接着剤が必要な物なのですが、今のガンプラはまったく必要ないんだそうです。

すべてハメコミで作れるとのこと。

これだとあのニオイも気にならないですし、

一時期問題になった接着剤を吸引して遊ぶということもありません。

Kさんも、匂いがないので奥さんからのお咎めもないそうです。


次におどろいたのは、部品がすでに塗装されていて、

組み立てるだけでキレイな完成品が出来あがるそうです。

これまたプラモデルと言えば、塗装を自分でやるというのもひとつの工程なのですが、

塗料の匂いもキツイですし、シンナー系の溶剤も使います。

なので子供たちにとっても良くないですし、家族にとっても悩みのたねでした。


これをなくすことで、家の中でも堂々とプラモ制作を楽しめるようになったため、

今までプラモデルに興味がなかった人にまで人気が広がっているようです。

もちろん、今までのようにしっかりと接着したり、色を塗り替えることも可能です。


まったくの初心者からコアなファンまで楽しめるようになっているのが、

ガンプラ人気を支えている土台になっているんですね。


Kさんもすでに3つ作ったそうですが、リビングや寝室のベッドの上などで作っているとのこと。

そして、当然のことですが奥さんに怒られることもまったくないとのことでした。

PS. でも、いまだにこのよさが解らないのです。。。(苦笑)

会社のデスクに置いている社員もいますし モニターの上に座っているのもいます・・。

若作りはしてますが、実は本当のオジサンなのかも・・・(笑)

「最近のパチンコ♪」

娯楽とひとことでいっても色々とありますが、
メジャーな娯楽のひとつに「パチンコ」があります。
私も若いころはちょくちょく行っていましたが、
そのころのパチンコのイメ-ジといえば、

「汚い」

「ガラが悪い」

「タバコ臭い」

というのが定番でした。

まず、若い女性が出入りするような場所ではなかったですね。

店員さんも、ちょっと怖い感じのおっさんが多かったりで、
決して健全な娯楽場とは言い難かったものです。

ところが、最近のパチンコ屋ときたら!

店内は清潔、店員は可愛い制服を着た若い女性が中心、
天井を高くしてタバコの煙をうまく処理
したりとえらく様変わりしています。

最近では、分煙しているお店まで登場していますね。

景品もブランド物からゲーム、CDなど
若い人が欲しがる物が多くなってきています。

そういった戦略があたり、客層も随分と様変わりしているようです。

若い女性や主婦が増えたり、カップルがデートコースのひとつにつかったりと、
数十年前の悪いイメージとはまったく変わってしまっています。

パチンコ台の方も、アニメや映画、タレントなどとの
タイアップが増えていますよね。

それにつれて、TVCMもバンバン流れています。

そういえば、昔はパチンコ店のCMというのはあったけれど、
パチンコ台のCMというのは見たことがありませんでした。

娯楽というのは時代によって様変わりします。

当然その中で、消えて行くものもあります。

娯楽は正確必需品ではありませんので、
興味がなくなれば淘汰されてしまいます。

そんな中、パチンコ業界は色々と戦略を練り、
しっかりと生き残っています。

新しい客層を開拓し、悪いイメージを払拭し、
更にアニメやタレントといった分野とのJVも実行する。

パチンコが好きか嫌いかは別として、
やっていることはビジネスの参考になると思います。

一度、そういった観点でパチンコ店に行くのも悪くないかも知れません。
ただし、息抜き程度にしておくことをおすすめします。(笑)
ネットショップ一覧
ネットショップ壱覧
プロフィール

竹内商店

Author:竹内商店

ツイッターもフォローしてくれたら
そっこーフォロー返します!

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ひきこもりでも年商1億円!!
メールマガジン読者登録お願いいたします!
メルマガ購読・解除
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。